成功する設計事務所経営ドットコム 経営コンサルティング
  • 創成窪田株式会社トップ
  • 設計事務所経営勉強会
  • コンペ・プロポーザルに勝つ!~ あなたの可能性は無限大 ~
  • ともに成長し、成功を創る!~ 迷う時間があれば、即行動 ~
  • マーケティングを活用して!~ 仕事は自ら作る ~

プロポーザルの提案は、子どもの頃のように

先日、毎日放送の「所さんお届け物です『東京藝術大学で発見! アートってこんなに面白いBOX』」2018年01月14日(日)放送分を観ました。
タイトルの通り、藝大の学生さんが、「ちょうど見て欲しいものがあるんです。」と、みんな口を揃えたように作品を見せたがるのです。

もちろん、見せたがらない人が居たとしても編集でカットされているでしょうから、みんな見せたがるように見えているのでしょう。それでも素敵です。

さて、一方で、コンペ・プロポーザルの提案書を提出前に拝見させていただき、意見を述べさせていただく機会が多いのですが、見せたがらない所員さんが多いのです。

是非、子どもの頃を思い出して欲しいです。

「先生、見て、見て!」
「お母さん、今から逆上がりするから見といて!」など、

そうです。
あの時を思い出して欲しいです。

お金をもらえるわけでもなく、誰に使われるものでもない可能性が高いものでも見せたがるのです。

それを建築設計の場合は、お客様からお金をいただいて自分の創造力を表現できる仕事です。

見せないなんて、もったいない以外の何物でもありませんね。

さらに、コンペ・プロポーザルに限らず、ドンドン自分以外の他者に計画内容を見せて、「それイイね!」「これはどうなの?」などと言っていただきたいと思います。建築は、一人では使いません。使わなくても見えてしまいます。

よろしくお願いいたします。

  • お問い合わせ
コンペ・プロポーザルに勝つ!マニュアル
(音楽教育社)著者:窪田順司 設計事務所のためのマーケティングマニュアル(建築資料研究社)」 著者:窪田順司