今日は朝から空港から所長と待ち合わせして、某市の新庁舎の公開プレゼンに向かいました。

会場は50名と言いながら100名超は着席できたと思いますし、市議の皆様の席も用意されている点は良かったと思います。

これで一般市民の方々がもっと参加されていると良いのですが、関心があっても足を運ぶまでには至らなかったのでしょう。残念です。建設予算や建設プロセスにもっと市民がかかわれるとよいですね。

プロポーザルコンペなので、プロポの開催要項にも当日の説明でも、「設計案ではなく、設計者を決める」という趣旨の説明がありました。

しかし、発表者は、会社名も統括責任者の名前も伏せて行われました。

さらに、会場内に各社の提案書は掲示されていましたが、それぞれの実績や設計者のプロフィール、本件に対する想いなど取組み姿勢や態勢、特徴などは、ほとんど示されていませんでした。

プレゼンの内容もその大半が設計案に関する説明であり、質問もその案に対するものばかりでした。

地元の設計者とチームを組んで取組むのであれば、その地元の設計者とは誰で、どんなチームの相乗効果が生まれるのか?そのメンバーは当該市内に実績があるのか?それは、喜ばれているのか?当該市の市民なのか?これまでの実績の中で、どの地域の特性を踏まえて、どんなアレンジやチャレンジをするのか?機能性を最重視し、冒険せず、地味にコンパクトにつくっていくのか?そんな話をもっと聞けたら良かったです。

審査が終わり、車で所長のおススメの建築を見学に向かいました。

「黒石ほるぷ子ども館」設計 菊竹 清訓 氏

築42年が経過してもその佇まいは凛として、

使われ方は多少変わっても、

環境にやさしくパッシブで、それでいて、40年前なのに、当時の最新技術としての床暖房が設置されていたり、

家具も細かく設計され、

DENなどわざわざ作らなくとも、

使う側の自主性が尊重され、

いまだに80キロの大人が登っても壊れない丈夫さがあり、

楽しい空間が広がり、

それでいて社会的な振る舞いも教え、

地域の人に愛され、守られ、

地域を象徴し、子どもたちの更に豊かな発想を生み出し、

残り続け、

美しく、愛らしい、

そんな建築を創れる人を選んで欲しいと思います。