成功する設計事務所経営ドットコム 経営コンサルティング

経営勉強会・セミナー

  • HOME
  • » 経営勉強会・セミナー

設計事務所経営勉強会「創成倶楽部」(CPD認定プログラム 開催中!)

毎回、素敵なゲスト講師と代表コンサルタントの窪田順司のレクチャー、そして、会員同士の情報交換を行うことにより、質の高い建築を追究していきます。

こちらの勉強会は、(公社)日本建築士会連合会において、CPD認定プログラムに認定されています。

設計事務所経営勉強会「創成倶楽部」の内容は、こちら

 

 

【満員御礼】設計事務所経営勉強会「コンペ・プロポーザルに勝つ方法!」

おかげさまで満席での開催となりました!
終了しております ⇒ CD+テキスト販売は、こちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 「設計事務所の経営者様向け 経営勉強会のご案内」 ▼
【コンペ・プロポーザルに勝つ方法】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近2年間の戦績: 103戦 64勝 39敗 勝率62.1%

対象用途:庁舎、学校、病院、介護施設、保育施設、体育館、研究所、工場、耐震、複合施設など各種

今日も全国各地でコンペ・プロポーザルが開催されています。

そして、日本でも海外でもコンペ・プロポで勝ち残った作品は、建築の可能性を拡げ、

人々の感動を呼び、世の中を変えています。

これからもそうあり続けると思いますし、ますます建築は、注目され続けると思います。

さて、こうした中、コンペ・プロポで当選する提案を如何に行うのか?

どのような提案が当選できるのか?

逆にどのような提案は、落選してしまうのか?

また、勝てない理由はどこにあり、どう改善するのか?

上記の6割を超える戦績は、弊社のコンサルタントが設計事務所の皆様とともに、

現場で考え、足と頭をフル活用し、磨いて磨いて努力してきた結果であり実績です。

これは、中小事務所が組織事務所や有名アトリエに勝った証です。

尚、上記39敗の中には、「負けるが勝ち」もあります。

また、負けても次に繋げられるのがコンペ・プロポの良い所です。

しかし、勝ちグセを付けるのが一番です。

そこで、

コンペ・プロポのノウハウを体系的に整理し、お伝えします

この夏から改めて勝利を掴みに行きましょう!

既に北は北海道から南は沖縄まで全国の設計事務所の皆様が集まります。

次の6つの問いに、3つ以上「はい」とお答えの方は、ご参加下さい。

Q1.コンペ・プロポーザルで当選したい   ⇒  はい・いいえ

Q2.より良い建築を設計したい           ⇒  はい・いいえ

Q3.提案のレベルを高めたい       ⇒ はい・いいえ

Q4.提案の基本を改めて抑えたい     ⇒ はい・いいえ

Q5.過去のコンペの勝率が3割以下である ⇒ はい・いいえ

Q6.最近1年以上、勝っていない  ⇒  はい・いいえ

 

上記実績の裏付けとなるお話を具体的な事例とともにお伝えいたします。

【 勝つための7つの講座 と 1つの運命の巡り合い 】

第1講座:「現状認識とマインドセット」

1.増え続けるコンペ・プロポーザルの現状

2.経営の安定化・改善にもコンペ・プロポーザル

3.コンペ・プロポーザルへのマインドセット

4.力相応に戦えるコンペ・プロポーザル

5.コンペ・プロポーザルを好きになる方法

6.タイプ別「指名攻略法」

7.コンペ・プロポーザルに負けたらどうするのか?

8.当選までの流れを整理する

9.勝つためのマインドセット

10.敵を知り、味方を知る

 

第2講座:「コンペ・プロポのマーケティング」

1.顧客を知るマーケティング

2.顧客の業績を見極めと4つの方向性の提案

3.必勝方程式投資額を決める

4.やりたい建築やるべき提案

5.提案に求められるスピードとは

6.「予算」なくして提案なし

7.「ヒアリング必勝ツール」の活用法

8.仮説提案は業界情報の入手から

9.長所伸展・一点突破全面展開

 

第3講座:「勝つための戦略構築法」

1.コンペ・プロポーザルの目的を定める

2.勝つためのストーリー作り

3.コンペ・プロポーザルに勝つ基準

4.キーマン攻略法

5.戦略の構築の仕方

6.実績の選び方・増やし方

 

第4講座:「勝てる提案書の作り方」

1.建設予定地の見方

2.建設予定地を見た後に行うこと

3.実績を要求事項に反映させる

4.組織の想いをカタチにする

5.提案書は開く前から勝負が決まる

6.結論から述べよ!

7.「最高の業務の実施方針(コンセプト)」の作り方

8.勝つための「目次」づくり

9.基本方針は、「コンセプトを分解する

10.業務への取組み体制は、「覚悟」を示す

11.チームづくりは「顔」で決まる

12.勝つための「特に重視する実施上の配慮事項

13.その他「必殺技で勝つ」「敷地外の活用」など

 

第5講座:「勝つプレゼンテーション」

1.一発勝負への臨み方

2.「ロールプレイ」効果を最大化する3つのポイント

3.質疑への対応方法

4.勝つための装い(マオカラーでは、勝てない!?)

5.「プレゼン」と「質疑」の関係を抑える

 

第6講座:「強いチームの作り方」

1.計画性のあるスケジュールの組み立て

2.年間計画の作成

3.最強チームの作り方

4.コンペ・プロポーザルは事務所一丸で

5.最強のチームはリーダーで決まる

6.味方に打たれるな

 

第7講座:「コンペ・プロポになる前に勝つ」

1.顧客にとって、1番になる

2.最強戦略:建築顧問になる

3.最強戦略:セミナーを開く

4.最強戦略:サービス力で圧倒する

 

情報交換会:「運命の巡り会い」

同じ地域だとなかなか話せない経営的な話を情報交換することで、

自社の経営に生かすことが可能です。

 

開催日時2013年8月3日(受付13:00~)13:30~17:00(開催済み

⇒ ご参加者のご感想は、こちら

⇒ CD+テキスト販売は、こちら

⇒ 次回の勉強会の案内は、こちら

 

 

 

設計事務所向けセミナー実績一覧(一部抜粋)

意匠設計事務所がホームページで安定成長経営する手法公開セミナー2008
設計事務所 経営戦略セミナー「売上3億を達成する事務所になる」 2008
構造事務所がホームページで安定成長経営する手法公開セミナー 2009
設計事務所 業績アップセミナー「ローコストデザイン住宅モデル」 2009
設計事務所業績アップセミナー「コンペ・プロポに勝つ!」 2010
愛知県建築士事務所協会 学術経営委員会研修「設計事務所のための経営戦略」 2011
設計事務所業績アップセミナー「介護施設で勝つ!」 2011
設計事務所経営戦略セミナー「コンペ・プロポーザル・介護・保育施設で勝つ!」 2012

設計事務所経営戦略セミナー2012

 

 

 

【満員御礼】設計事務所経営戦略セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 「設計事務所経営戦略セミナー のご案内」 ▼
【設計事務所の時流予測と成功事例大公開セミナー】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年の本セミナーは、2012年の結果を踏まえた時流予測と
成功している設計事務所様の事例を大公開するセミナーとなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年の弊社の支援先の実績や業界動向を踏まえ、2013年は、
どのように設計業界が変化し、進んでいくのか?
ともに考えていきたいと思います。

なかなか都内に事務所を構えていないと、オリンピック招致に向けての各大型
施設の建設や緊急輸送道路沿道建築物の耐震化なども私の事務所にはあまり関
係ないと考えてしまいがちです。

そこで、一旦、マクロに考えていきたいと思います。

まず、建設経済研究所の28日の発表によると、2013年の国内建設投資予測は、
全体で47兆3,300億円と昨年に比べ7.7%増と予測されています。

最近の予測は下記の通りです。
2010年度40兆8,700億円(前年度比-4.9%)
2011年度41兆7,000億円(前年度比+2.0%)
2012年度43兆9,400億円(前年度比+5.4%)
2013年度47兆3,300億円(前年度比+7.7%)

特に政府建設投資は、大型補正予算によって、9 年ぶりの20兆円を超え、民間
建設投資は、緩やかな回復基調の継続が見込まれています。

政府系では、大型補正予算に含まれる政府建設投資額は事業費で6兆円程度と
推計され、その多くが2013年度に繰り越され、執行が進むと考えられています。
2012年度の投資額は前年度比 8.2%増、2013年度は前年度比 12.2%増と公共
事業が牽引していきます。セミナー写真0001

一方、民間住宅は、被災3県(岩手県・宮城県・福島県)を中心とした復興需要
および若干の消費増税前駆け込み需要が着工戸数を下支えし、引き続き緩やか
な回復基調で推移するとみられています。
2012年度の投資額は、前年度比 4.1%増、2013年度は前年度比 5.4%増です。

そして、民間非住宅は、2012年度は、平米単価の回復および店舗・倉庫を中心に
着工床面積の増加が見込まれ、非住宅建築投資が微増、土木インフラ系企業の設
備投資水準が高いことから民間土木投資も増加が見込まれます。

投資額は前年度比 2.8%増。2013年度は、倉庫の着工床面積増加が予想され、投
資額は前年度比 3.8%増と予測されています。

皆さんの経営数字の推移は、いかがでしょうか?

全体としてV字回復、少なくとも直近2ヶ年の売上は、右肩上がりでしょうか?

さらに、今年度も右肩上がり売上予定を立てることができていますでしょうか?

ここ3ヶ年は、激動だったと思います。
こうした中で、どのような成功事例があるのか?
時間の限りお話しさせていただきます。

特に設計事務所成功ビジネスモデルを導入し、コンペ・プロポーザルで実績を残
した上、新たな営業展開を仕掛けることで、V字回復されている実例を踏まえ、
ゲスト講師をお招きし、ご講演いただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【ゲスト講師紹介】
株式会社高橋茂弥建築設計事務所 代表取締役社長 高橋 辰弥 様 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リーマンショックの後、1億以上あった売上が減少し、1億を切り、先行き不安
でたまらなく、もがいている中、契機となったのが、
「設計事務所のためのマーケティングマニュアル」という1冊の本でした。

それから一気に社内改革を進められ、常務から社長に3代目として代替わり
されました。

改革からわずか62日で7000万円のプロポーザルに当選されました。

それ以降、16戦8勝と勝率5割を達成されています。

V字回復で、創業来の最高売上更新中です!

その舞台裏を特別に公開いただきます。

ホームページ ⇒ http://www.takahashi-sekkei.net

是非、このセミナーを
「平成25年度のスタートダッシュの足掛かり」にしてください!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お話する内容の一部です!▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.なぜ、設計事務所に「成功」という駅に向かう特別列車が必要なのか?
(1)2012年までの業界の変化
(2)2013年の建築設計業界の動向
(3)建て主の変化から今後必要なこと! 等

そして、ゲスト講演の成功事例以外にも、V字回復を達成し、より良い建築設計
に励んでいる事例とそのノウハウをお話させていただきます。

2.弊社創成倶楽部で実施した経営手法の成功事例
(1)3年間で、2億、3億、4億と売上アップした事例!!!!
(2)耐震診断補強設計で、新規案件を創出する具体的方法!!!
(3)スタッフの意識改革で次世代のリーダーが誕生する手法!!
(4)建て主様満足度UPで、20年後を見据えた最新経営手法!
(5)コンペ・プロポーザルで勝つノウハウも盛りだくさんです。
その他、最新ノウハウとして、
建築顧問の本当の活用法で、案件を創出する方法などもお伝えします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【メイン講師紹介】創成窪田株式会社  代表 窪田 順司 ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)船井総合研究所にて設計事務所向けコンサルティングを立上げた後、
設計業界に対する専門のコンサルティング会社を設立する。
そして、多くの成功事例を創造し続けている。

講師による成功ブログ(毎日更新中!!)

⇒ ともに成長し、成功を創る 創成窪田株式会社のブログ

≪主な取材・執筆≫
設計事務所のためのマーケティングマニュアル(建築資料研究社)
・日経アーキテクチュア、建築ジャーナル等

≪主な講演実績≫
意匠設計事務所がホームページで安定成長経営する手法公開セミナー2008
設計事務所 経営戦略セミナー「売上3億を達成する事務所になる」 2008
構造事務所がホームページで安定成長経営する手法公開セミナー 2009
設計事務所 業績アップセミナー「ローコストデザイン住宅モデル」 2009
設計事務所業績アップセミナー「コンペ・プロポに勝つ!」 2010
愛知県建築士事務所協会「設計事務所のための経営戦略」 2011
設計事務所業績アップセミナー「介護施設で勝つ!」 2011
経営戦略セミナー「コンペ・プロポーザル・介護・保育施設で勝つ!」 2012

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 当日のプログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開催日時:2013年3月5日 13:30-17:00

≪受付開始≫
13:00~
≪第一講座≫ 講師:窪田 順司
13:30~14:30
≪第二講座≫ゲスト講師:高橋 辰弥 様
14:40~15:30
≪第三講座≫ 講師:窪田 順司
15:40~17:00

≪無料経営相談≫
17:00~(3事務所様限定となります)
※進捗状況によって時間・内容が変更となることがございます。

 

 

【満員御礼】設計事務所経営戦略セミナー2012

開催日時:2012年3月27日14:00-17:00

費 用 :お1人様・・・31,500円(消費税込み)

【開催趣旨】
ご存知の通り、建設市場の減少に比べ、設計事務所の数はあまり減少していません。

さらに、公共工事は低入札が続いています。 そうした中で、設計事務所の経営を安定させ、よい建築を設計するための環境は、ますます厳しくなっています。

このような状況下でも、コンペ・プロポーザルは、継続して行われており、民間案件でも相見積りやコンペになる機会が増え続けています。

よって、これまで以上に、他事務所との差別化や独自性を図り、この競争に勝ち抜かなければなりません。

そのためにも、実際に当選・受注している事務所の提案のコツを知る必要があります。

既に実践されていらっしゃる設計事務所様では、50年の歴史の中で初の3期連続黒字が見えて来たり、今年度が過去最高売上と利益であったり、所員の求人を募集していたりと好調な事務所が続出しています。そこで、その当選へのノウハウを公開させていただきます。

また、確実に進行している高齢化に対応するための介護施設やこれから行政が本腰を入れる少子化対策としての保育施設も確実に受注していく必要があります。

設計事務所戦略セミナー2012

全国から多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました

そこで、

今回は、一般的な経営や営業の話ではなく、設計事務所に特化した弊社の代表コンサルタントである窪田順司と実際に現場で指揮を執られていらっしゃる所長自らにそのノウハウをお話します。

一度立ち止まって自社の経営を見直す機会にして頂ければ幸いです。

第1部:
【実証済み】コンペ・プロポーザルの当選確率を一気に高める方法

創成窪田株式会社 代表取締役 窪田 順司

◇勝つコンペ・プロポーザルの提案書の必要なポイントとは?

◇負けるコンペ・プロポーザルの提案書の残念なポイントとは?

◇業務実績書の正しい(上手な)書き方とは?

◇当選に導く、プレゼンテーションの魅力的な発表方法とは?

 

第2部:

【事例発表】私たちの設計事務所が、セミナーを開催し、わずか10ヶ月足らずで、
大型介護施設の設計を受注できるようになった理由

設計事務所経営戦略セミナー2012

ゲスト講師・・・株式会社二神建築事務所 代表 川嶋 文代 氏

 

◇なぜ、私たちの設計事務所が受注し始めたのか?

◇介護施設を受注できるようになり始めた本当の理由とは?

 

第3部:

 簡単に介護施設や保育施設(幼稚園・保育園)を受注する方法

創成窪田株式会社 代表取締役 窪田 順司 氏

 

 

◇介護施設を受注するためのマル秘テクニック大公開!

◇保育園・幼稚園・こども園を受注するためのマル秘テクニック大公開!

◇事務所の未来を切り拓く、新たな営業展開と設計事務所のこれからに必要なこと

 

アンケート結果でも下記のような状況でした。

アンケート結果
皆さん、大変ご満足いただいた様子でした。

その他、アンケートのご感想を一部挙げさせていただくと、

・介護セミナーを開催したい。
・プロポーザルにおいて、新しいことに挑戦し、自分の考えをドンドン載せ、一目置かれる提案書を提案したいと思います。
・セミナーのシリーズ化、地元での介護・保育の公募の状況をすぐに確認。すぐに実行します。今の取り組みを見直すきっかけとなりました。
・保育のセミナーに早く取組みたい。
・ホームページの見直し・リニューアルをしたい。
・小規模事務所でもどうアクションしたらよいのか、具体的でわかりやすかった。
・参考になりました。今後が楽しみです。
・介護施設の受注を頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。大変参考になりました。 など

皆さん、ご満足いただけた様子でした。

より良い建築に繋げていただければと思います。

ありがとうございました。

  • お問い合わせ
コンペ・プロポーザルに勝つ!マニュアル
(音楽教育社)著者:窪田順司 設計事務所のためのマーケティングマニュアル(建築資料研究社)」 著者:窪田順司