成功する設計事務所経営ドットコム 経営コンサルティング

経営計画策定(経営全般)

経営計画策定(経営全般サポートコンサルティング)でSUCCESS

設計事務所の顧問として、経営全般をサポートさせていただくコンサルティングプログラムです。

所長との面談をはじめ、経営改革会議、スタッフとの面談、同行営業などを必要に応じて、組み合わせていきます。

すでに課題をお持ちであれば、それを徹底的にヒアリングして解決していきます。

何が課題なのかがわからなければ、それを明確化してから解決していきましょう。
どんな事務所にもオリジナリティや素晴らしい点、アピールポイント、独自性が必ずあります。 まずはそれを掘り下げて参ります。

 

事務所によって、上記のセミナーやホームページ、コンペ・プロポーザルなど、基本的に実施しなければならないことはありますが、事務所の状況によって打ち手は異なります。

地域はもちろんのこと、過去の実績、作品の特徴、規模、建築士の特性、スタッフの能力 ・・・ など、 その事務所に応じた、戦略・手法をアドバイスしていきます。

また、所長がその気になっても所員や事務員にうまく伝わらない、動いてもらえない、協力会社とのコンセンサスが取れない、ということもあります。

そんな時は、調整役として建築士・スタッフ1人1人と面談していきます。もちろん、私に任せきりでは困りますが、どの事務所様も所長の心労は軽減できます。

ただ、個別コンサルティングを受けると、忙しくなります。どんどんやるべきことが見えてくるからです。仕事も依頼されるようになるので当然ですね。

しかし、それは目的に向かって前進していることを実感できる充実した忙しさです。
何としてでも事務所を良くしたい、建築士もスタッフも依頼者もハッピーになりたい、という先生におススメのプログラムです。

計画策定フェーズ:調査分析から経営計画書の作成

経営分析(数値分析・顧客分析・営業分析・CS:顧客満足度調査・ES:従業員満足度調査など)を行います。

経営計画(経営方針、営業・販促・設計プロセス、人事組織など)を策定します。


計画を策定したら、スタッフの皆さんに周知徹底できるように、まずは、経営計画発表会を行います。

その上で、全員の合意を得ながら、さらに計画をブラッシュアップさせて、実行性の高いものにして参ります。

実行フェーズ:具体的な訪問時のスケジュールと支援内容

ある1日のスケジュール

①貴事務所へご訪問

打ち合わせ風景

打ち合わせ風景

②10:00~11:00 現状の確認:社長・専務と面談
(数字の推移はもちろん、身の上話まであらゆることをお話します)

経営改革会議20110708

経営改革会議の様子

③11:00~12:00 営業状況の確認:幹部
(営業管理一覧表に基づき、各案件の進捗状況及びアプローチ状況を1件1件確認していきます)

昼食

④13:30~14:00 【移動】
(案件を進める法人様=建て主様に同行訪問します)

現場視察

現場視察の様子

⑤14:00~15:30 コンペ・プロポーザルの現地視察・施主様との面談
(特に提案内容を踏み込んで検討します)

⑥15:30~16:00 事務所へ帰社 【移動】
(行き帰りの移動の車中では、訪問の際のまとめとこれからについてのお話するのはもちろんですが、雑談も交えながら、コミュニケーションを深めます)

⑦16:00~18:00 セミナー、情報誌、チラシ、現場見学会その他の打合せ
(その他の細かい内容を打合せします)

のような感じで進めます。

 

  • お問い合わせ
コンペ・プロポーザルに勝つ!マニュアル
(音楽教育社)著者:窪田順司 設計事務所のためのマーケティングマニュアル(建築資料研究社)」 著者:窪田順司