成功する設計事務所経営ドットコム 経営コンサルティング

お客様紹介

  • HOME
  • » お客様紹介


我々のお客様をご紹介します。

栃木県 株式会社渡辺有規建築企画事務所 代表取締役 渡辺 有規 様

お手伝いいただいて、早いものでもう5年目になります。

当初は、「北関東ナンバーワンを目指す!」と言って、

進めていましたが、その為に具体的に何をするのか?
ナンバーワンとは一体何を示しているのか?
数字が独り歩きしているような状況だったと思います。

しかし、今は、
「建築は我が子の如く、一生涯のお付き合い。」

そして、建て主様はもちろんですが、所員を幸せにしたい、
日本の建築文化を創造したいと考えています。

その為にも7つのプロジェクトチームをつくり、
それぞれが誇りある建築家集団として、
栃木県で最も学ぶ事務所、
情熱を持つ事務所として日々活動しています。

セミナーや見学会なども50回以上開催し、
多くの建て主様にお喜びいただいております。

さらに、最近ではコンペ・プロポーザルが多いため、建て主様の下へご面談する際に、窪田先生に同行いただき、喜んでいただいております。

自社だけでは手に入らない情報収集やモデル施設への見学も数多く行うことにより、これまで以上にレベルの高い建築を目指しております。

経営理念 「都市を創り人が輝く 感動を創り未来が輝く」

ホームページ:株式会社渡辺有規建築企画事務所

 

静岡県 株式会社高橋茂弥建築設計事務所 代表取締役 高橋 辰弥 様

「あの出会いのおかげで、私の事務所がようやく高橋茂弥建築設計事務所らしくなってきました。」

あれは、父から常務の私に代表を引き継ぐことが決まった時でした。必死で、経営者になるための勉強をいろいろしましたが、これといったものがなく、悶々とした日々が続いていました。

幸いにも業績は、15名で1億2千万円ほどをここ数年推移しておりましたが、父の代に建設した自社ビルの借金は残ったままでした。 営業の方は、50年という歴史の中で築いた人脈や公共工事の耐震を中心とした入札で何とか繋いでいっているような状態でした。

ただ、これから先、自身がトップに立って、事務所を経営していくには、何はともあれ、売上数字を上げることが必要でした。

しかし、新築のプロポーザルやコンペでは、2003年以降、ずっと負け続けていました。

そんな時にインターネットで検索していると、何と「設計事務所を専門に経営コンサルティング」をしているというホームページに出会いました。 それが、窪田さんとの出会いのきっかけでした。内容を拝見すると、書いてあることは、信頼できそうだし、思い切って電話を掛けさせてもらいました。

連絡すると数日後に大阪で会合があるのでそれに参加すると良いということで、それに参加させて頂きました。  そこにはやる気のある経営者の方ばかりで、本当に業績をアップさせるための情報交換が、数字はもちろん、建築設計の中身や事務所運営、マネジメントに関することもありました。

 

早速、後日、事務所に訪問いただき、顧問契約を申し込みました。  そこから我々の「経営改革」が始まったのです。

 

まさか、その契約から、わずか62日で約7,000万円のプロポの特定通知が貰えるとは思いませんでした。

今までコンペやプロポは先の見えない暗闇に突っ込んでいくようなものでしたが、今は参加するのが楽しみです。 なぜなら、ある程度、勝つことが見えているからです。 窪田さんのコンペ・プロポーザルに関するノウハウを知らずに臨むなんて、今の私には考えられません。どうしてもプロポに集中すると独断に陥ってしまい、客観性の無い提案になりがちです。 また、ウチはご紹介ばかりだからコンペなんて関係ないと思われている方にも、このノウハウは120%活用できると思います。

最近、知ったのですが建て主さんは、知らず知らずのうちに、結構浮気しているんですね。民間の提案でも、圧倒的に他社に優る提案をする必要があることがわかりました。

㈱高橋茂弥建築設計事務所集合写真

介護や保育などのセミナーも開催することにより、特別養護老人ホームをはじめ、受注できるようになりました。現在100名規模の案件を2件設計させていただいております。

そのような状況ですので、これから50年の歴史の中で初の3期連続黒字に向けて頑張って参ります。

コンペ・プロポーザルでの勝率は、6割を超えるような状況がつくれ、さらに所員数は20名になりました。

富士山のように日本一の建築設計事務所になれるように邁進していきたいと思います。

ホームページ:株式会社高橋茂弥建築設計事務所

 

 

兵庫県 株式会社二神建築事務所 代表取締役 川嶋 文代 様

デザインマンションと食品工場を得意としながらも公共建築や住宅設計も多数手掛け、地域密着型の事務所を展開して参りました。会長とともに歩んで来た当事務所ならもっと上を目指せるのではないかと考えていました。

そんな折、公共建築の入札単価の下落やマンション着工棟数の減少に遭遇しました。

そこで、新たな経営戦略として、セミナー開催やホームページのリニューアル、コンペ・プロポーザルの参加などで着実に官庁依存からの脱却が図れてきました。経験が少なかった介護分野でもわずか10ケ月ほどで、特別養護老人ホームの受注ができました。その他、サービス付高齢者向け住宅なども設計しております。来春には新卒も入社いただきます。

設計+αでこれからも信頼を勝ち取り、お客様には素敵な空間を創造し、地域に貢献していきたいと考えています。

社是
1.顧客の満足と感動を追求する
2.社員の幸せを追求する
3.社会に必要な会社となる

ホームページ:株式会社二神建築事務所

 

愛知県 株式会社ユーエス計画研究所 代表取締役 繁野 民輝 様

ちょうどお手伝いいただくようになったのは、事務所の売上が最悪な状態の時でした。

介護施設経営者向けセミナー

そのまま自分たちだけでやっていても明るい将来が描き辛いと考え、協力事務所に構造計算をお願いするように、経営コンサルティングを思い切って依頼しました。

あれから3年、毎年、120%アップで業績を向上することができています。

そのための経営努力としてやって来たこととして、医療・介護に特化したホームページを作成するとともに、セミナーを開催しています。

わずか3年ですが、当初からの違いと言えば、新たな動きからお付き合いの始まったお客様の建物が竣工し、そちらでの現場見学会を継続的に開催できるようになったことです。

保育施設経営者向けセミナー

さらに本年からは、保育にも力を入れるようになり、徐々にお客様を増やすことができています。

父から受け継いだ設計事務所であり、一時は、閉鎖し、他に勤めようかと考えたこともありましたが、続けて本当に良かったと思いますし、これからもそうあり続けます。

所員一人ひとりの成長が喜びであり、自らの成長の証であると思います。

経営理念は、

「“ものづくり”を通して、都市にメッセージを!~お客様の喜びが会社と社員の幸福を創る~」

 

私達が建築設計というものづくりを通して、皆様に提供するものは、お客様の喜びです。

 

そして、建物を建てることは《まちづくり》をすることです。お客様に喜びを感じていただくことで、社員・会社はおのずと幸福になれると考えます。

 

街を活かすも街の景観を壊すのも自分達だという“想い”を大事にします。そのための行動指針(お客様との約束)10箇条を守り、幸せを作り続けていきたいと思います。

 

東京都 株式会社都志デザイン 代表取締役 馬場 正三 様

大手組織事務所を辞して独立12年余りです。

設立以来、経営に関する本を読んだり、経営コンサルタントの話を聞いたりしてきましたが、設計事務所専門のコンサルタントがいるとは夢にも思いませんでした。

姉歯事件以降、基準法の改正による建設不況で、不動産開発の施主が次々と民事再生になり、当社は、マンション設計から、官庁のプロポ、医療介護のリニューアル設計へと業務を方向転換してきました。

そんな中で、窪田さんの話を伺い、自己の業務戦略がいかに時代に適合していないかという事を思い知りました。

 

まずホームページの更新、そしてセミナーの開催と、今まで全く力を入れてこなかった戦略と戦術で、V字回復の予兆がわずか半年で出てきました。  IT時代に乗り遅れていた当方としては、良いコーチに巡り会えた事を感謝しています。

 

頭でわかっていても、いざやってみようとするとできないのがスポーツや経営だと思います。  良い成果を上げるためには、皆様もぜひ適切なコーチの指導のもとに、経営を軌道にのせてゆくのがよいと思います。

 

弊社は現在、第二回目の創業を経験しています。

 

昨年の1月末に施設見学会&セミナーを開催させて頂きました。既に約3,000万円の特養を受注することができました。また、一緒に作って頂いたホームページからも小さいですが、設計料で30万円と50万円の案件を受注できました。さらには、2,400万円の賃貸マンションから有料老人ホームへの建替えの引き合いも頂きました。

 

まだまだ案件があるので、しっかりフォローし、快適な医療・介護環境を創造していきたいと考えています。
「形態は機能に従い、機能は空間を啓示する」

ホームページ:株式会社都志デザイン

山口県 さくら設計株式会社 代表取締役 古松 洋一 様

私の事務所は、5名の小さな事務所です。

大手企業と官庁依存でこれまでやって来ました。

しかし、ただいまその官庁から民間へ大きくシフトチェンジするため、セミナーを開催する新たなスタイルへ事務所を改革しています。

 

この波を掴み切り、新たなステージに事務所をレベルアップさせたいと思います。

長所と言えば、自身が構造設計一級建築士なことぐらいかと思っていましたがそれ以外に良いところがたくさんあるのですね。

 

BIMも導入し、さらには、新卒も入社したので、ますます張り切って参りたいと思います。

 

 

福島県 株式会社.土田建築設計事務所 代表取締役 土田 信雄 様

弊社は公共工事の受注と地元密着型の民間受注を主体とした設計活動をしておりますが今年で、34年になります。

企業は、30年周期で変遷していくといわれておりますが、窪田社長と出会う前の弊社はこれからの設計活動について、漠然とした不安を抱えておりました。

それは、会社の営業指針を含め人材の確保であったり、必要とされる技術力等、5年、10年後の将来像が見えない状況でした。

初めて、窪田社長とお会いしたとき、建築設計業界や設計事務所の状況を非常に勉強され、理解している事に驚きました。

㈱創成窪田さんとのお付き合いは、かれこれ1年半になります。

現在は、セミナーを開催しながら研鑽を深め、法人のお客様から信頼、頼って頂きながら仕事を受注しております。

長らく懸案していた、ホームページも開設することができ、戸建て設計の受注依頼もできるようになりました。

また、人材の確保に於いても、協力事務所の問い合わせも多々来るようになり、希望が持てるようになりました。

新卒求人に於いてのノウハウも伝授、アドバイスをして頂き、2014年の大学新卒の求人も無事、内々定を出す事ができました。

ますます、夢と希望を持ち、張り切って参ります!

経営理念
「風土に逆らうことなく、時間の経過とともに人々に愛される建築を創造し、社会に貢献する」

ホームページ:株式会社.土田建築設計事務所

 

I県 株式会社Eデザイン 代表取締役 M.S 様

事務所を設立して15年、何とかやってきました。

ご支援いただいてから3年が経ちますが、順調に売上げを伸ばすことができ、プロポーザルも受注できたので、今後が楽しみです。

さらに、「介護の公募セミナー」を移転したばかりの新事務所で実施することができました。大病院の理事長にも自らご参加いただき褒めていただきました。  震災もあり、ただいま復興に向けて事務所は大忙しの日々が続いていますが、これからも地域のために頑張ります。

 

東京都 株式会社Wスタジオ 代表取締役 K.H 様

売上数字は順調だったので、新卒採用に取り組みたかった。AルートやBジャパンなどに100万円以上求人費を掛けたがまったく応募がありませんでした。

しかし、アドバイス通りに文言を修正しただけでたった月3万円の広告から1ケ月もしないうちに56名の応募がありました。今も応募は止まりません。毎回、一つ一つもっともな助言で、スッキリします。不況と言われますが、次の打ち手を戦略的に考えられるので今後が楽しみです。

また、実は顧客が1社に9割程度依存していたのですが、ホームページの作成やリニューアル、さらには展示会への出展などを通じて、新規を開拓することにより、その比率が半分ぐらいまでに下がっています。思い入れのある顧客なので大切にしながら、着実に拡大していきたいと思う。

 

K県 株式会社P設計 代表取締役 Y.R 様

2年前から窪田さんにサポートいただきました。

昨年の2月には介護向け、3月には保育・幼稚園向けにセミナーを開催しました。  もちろん、既にそれぞれ、受注できています。 事務所のホームページもリニューアルオープンし、お問合せをいただけるようになりました。

さらに、竣工したばかりの小規模多機能施設と有料老人ホームの複合施設の施設見学会も実施しました。

事務所の移転も控え、これからがますます楽しみです。

 

 

F県 H設計事務所 H所長

ちょうど開業20年に近付くにつれ、基礎は固まりながらも、このままでいいのか?もっと自分の建築を世の中に広めたい!という思いが強くなっていたこともあり、何かのきっかけになればとセミナーに参加させて頂く事にしました。

参加したセミナーは、まさに目からうろこの内容で、今まで漠然とは描いていた自分の想いを、実現したい気持ちが強くなりました。

しかし、この想いも自分ひとりの力では、実現できるのかどうか不安があり、私にこういった感覚を抱かせて下さった窪田先生に一度ご相談させて頂く事にしました。

すると、窪田さんの一言一言が、私の漠然とした思いを明確にしていき、今の自分と自分の事務所が何をすべきかが一つ一つはっきりしていくのでした。

高いコンサルティング料だと一瞬、思いましたが所員を雇うことを考えれば、それほどでもないし、たとえ雇ったとしても、窪田さんのような仕事は決してできないと思いましたので、思い切って、コンサルティングをお願いすることを決めました。

 

スタートしてわずか一ヶ月で、早速、住宅見学会のチラシや、セミナーでの講演手法のアドバイスを頂き、家づくりセミナーでは、50名の会場が満員になり、現場見学会の方は33組(同業者除く)のご来場をいただき、多くの見込み客を獲得することが出来ました。過去にもチラシをまいたり、現場見学会を実施したことはありますが、こんなに盛況で数字に直結するようなものを開催できるとは思いませんでした。ありがとうございます。

 

そうこうしていると、息子は帰って来て手伝ってくれるようになったり、辞めた所員もやっぱりウチがいいと帰って来てくれたり、後輩ができたと今までの所員がさらにやる気を出してくれたり。本当にビックリしています。

特にプロポーザルでは、指名というよりは、県内公募が多いため、これまで1割から2割の確率でしたが、一緒に取り組むようになってからこれまで5戦2勝で負けても次点ぐらいの状況がつくれるようになりました。

さらに、ホームページのリニューアルと幼稚園・保育園向けのセミナーも行い、事務所のこれまでの活動がドンドン発信できるようになりました。今後はさらに精進して良い建築ができるようにして参りたいと思います。

 

F県 T建築設計事務所 T社長

これまで地元密着でやって参りましたが、これからの所員の未来を考えると居てもたってもいられませんでした。最初は、所員が窪田さんの話を伺い、その後に直接面談いただきました。

プロポーザルになる案件もしばらく先でしたが、思い切ってコンサルをお願いしたところ、わずか2か月ほどでそのプロポに指名を受けました。

これまでとは違う準備とアドバイスのおかげで大手組織事務所がひしめく中、無事1次審査を通過し、2次でも評価では最高点を得られたようです。

大手組織事務所の方が我々のヒアリングを聴講しに来られていましたので、地方の事務所でもやれるものだと思います。最終的に今回のプロポでは、他の要因で、特定までに至りませんでしたが、大きな自信になりました。

 

さらに、これまでの敗因も明確にわかりました。今後の勝利が近づいたことは明確です。まだまだプロポ案件は出てくるのでしっかり対応してきたいと思います。
その一方で、マーケティング活動も取り入れることにしました。所員の採用広告や面接にも立ち会ってもらいました。集団面接のやり方などいままで実施したこともなかったので、大変参考になりました。ブログも開設し、これからホームページも作成していきます。これからが楽しみです。

 

N県 株式会社A設計 T所長

これまで経営者としてしなければならないことがあるのに、どうしても日々の業務に流されていました。 こんなご時世ですが、8,000万円、9,000万円と順調に推移し、そして、1億円も超えました! もちろん、将来は、N県ナンバーワンを目指して頑張っています! 7名だった事務所もただいま10名です。 アドバイスされたようにホームページを修正するとそれまで無かった求人の応募がドンドン来ました。
またコンペは、これまで4件サポートして頂きましたが、既に2件、高校と保育園に当選することができました。 1件は負けてしまいましたが、もう1件は大丈夫だと思います。 事務所がドンドン成長しています。入札も全国的には珍しいようですが、最低価格のおかげでウチの事務所ももちろんですが、地域の事務所も助かっているみたいです。この流れを生かし続けていきたいと思います。

 

K県 K計画 A所長

お手伝いいただくようになったのは、セミナーに参加させていただいたのがきっかけでした。

はじめは、「コンペ・プロポーザル」と「事務所の主催セミナー」の支援をお願いしました。コンペは、いろいろなしがらみがあり、まだ勝利できていませんが、提案書の内容は、弊社のものが最優秀であったことは、いろいろなところから教えていただいております。

セミナーの開催からやっと依頼をいただくことができました。3年がかりとなる大規模なリニューアルですが、弊社の強みを生かした環境に配慮した建築となると思います。

また、事務所スタッフがセミナー講師をするようになり、これまでのノウハウをまとめることができ、その成長を少しずつ感じております。

私たちは新たな時代を「環境」「家族」「コミュニティ」を基本テ-マに意匠デザインだけではなく、客観的評価を総合的に数値化しながら設計をする手法を確立して参ります。

・四季を通じて光・風を感じる豊かな生活を実現する建物
・地域環境に貢献して社会資産を未来に継承する建物

今後とも、誠実な姿勢で社会に貢献できるよう建物を計画して参ります。

 

続々と成功が続いています。

次はあなたの事務所の番です。事務所へのご訪問も可能です。